その1「自分だけの楽しみ方を見つける」あんこチーズケーキアレンジ


暖かな日差しに春の訪れを感じるこの頃。

あんこチーズケーキとのお茶の時間がますます気持ちの良い季節になって来ました。


あんこチーズケーキは、あんことチーズのマリアージュを楽しんでいただくスイーツ。

最高の状態で美味しく食べてもらうために、室温で1〜1.5時間解凍をおすすめしています。

解凍後は、お好きな厚さにカットして。

珈琲やお茶はもちろん、ワインや日本酒のお供にも相性抜群。

お好きなお飲み物が揃ったら、おうちカフェの始まりです!



自分だけの楽しみ方を見つける。

食感や味わいの変化をたっぷりと楽しんでもらう、あんこチーズケーキ。

冷凍のままアイスケーキ感覚で楽しんだり、ドライフルーツやはちみつを添えたり。

アレンジ次第でさらに美味しさが増すあんこチーズケーキの楽しみ方をご紹介します。

ご参考にしていただければ幸いです。



皮のほろ苦さがアクセント「あんこチーズケーキと国産レモン」


あんバターを思わせるような甘味と塩気のバランスが絶妙なあんこチーズケーキは、

果実の爽やかな酸味と組み合わせることで、ワンランク上のおいしさが愉しめます。


今回おすすめする果実は「農薬不使用の国産レモン」。特徴は、マイルドな酸味と深みのある豊かな風味。そしてもう一つのポイントは、豊かな香りと栄養成分が含まれる「皮」まで使うことができるので、果汁や果肉のおいしさだけでなく、果実まるごとで生まれる味わいがあるからです。


国産レモンは、薄く薄くスライス。

食べやすい大きさにカットして、あんこチーズケーキと一緒にどうぞ。


やわらかい皮の優しい苦味とジューシーな果汁が口に広がり、

あんことチーズのマリアージュを上手に仲立ちしてくれるおいしさです。




朝食カフェにおすすめ「あんこチーズケーキとパン」


あんバターならず、あんこチーズケーキとパン。

インパクト大ですが相性はバッチリです。


食パン、バターロール、クロワッサン、バゲットなどベーシックなパンをご用意。

トーストはお好みでどうぞ。あとは、パンにあんこチーズケーキをトッピング。

ミルクとご一緒に。さっと食べられるので、朝食におすすめです。


重たさを感じない軽やかな味わいのあんこチーズケーキは、バターや小麦のシンプルな風味が引き立つブレッドと調和して、いつもの朝食をちょっと幸せな時間に演出します。




ちょこっと一手間アレンジで “おうちカフェスイーツ” できあがり!

あんこチーズケーキの楽しみ方アレンジ、いかがでしたでしょうか?

組み合わせ次第で、どんどん美味しくなるあんこチーズケーキ。


ご家族と、ご友人と、お子様とご一緒に。自分だけの楽しみ方を見つけてみてください。

みなさんのアイディアもぜひお聞きしてみたいです!




#あんこチーズケーキ #楽しみ方アレンジ #おうちカフェスイーツ